RuntaScience diary

気象系データを扱う学生 旅が好きです

Welcome to my blog

About

Python JupyterNotebook-単位表示のお話

こんにちは!

Jupyternotebookを用いた解析でグラフを作成する際、ラベルの表示に気を使います。
具体的には、単位と物理量です。
それぞれよく使うものを載せます。

単位の話

単位表示は
単位は立体、ローマン体で
物理量は斜体で

立体

立体は傾いていない表示です。 JupyterNoteでそのままラベルを表示させると、斜体になってしまう場合があります。
それに注意して、例えばμgは
⇒○μg
⇒×μg

斜体

斜体は、イタリック体のことで傾いている表示です
たとえば、F=ma は
F=ma
と表します。

具体例

気象で使う単位を具体例として載せます (2020/5現在)

斜体は$\it{文字}$
立体は$\mathrm{文字}$
です!

種類 表示 書き方
Temperature a $\mathrm{^\circ C}$
WindSeed b $\mathrm{(m \cdot s^{-1})}$
Concentration c $\mathrm{(\mu g \, m^{-3})}$
Pressure d $\mathrm{(hPa)}$
Flux e $\mathrm{(W \, m^{-2})}$
F=ma 1 $\it{F} = \it{ma}$

f:id:RuntaScience:20200518121811p:plain

参考

LaTeXと、matplotlibのレファレンスを参考にして
数式を書くといいでしょう

LaTeXコマンド集
Mathtext Examples — Matplotlib 3.2.1 documentation

それでは 🌏