RuntaScience diary

気象系データを扱う学生 旅が好きです

Welcome to my blog

About

のらねこをうまく撮る コツは1つだけ、だれでも即実践できる!

 f:id:RuntaScience:20200520101314j:plain

 こんにちは!
突然ですが、皆さんの周りにのらねこさん達はいますか?

 

たまに飼い猫?と疑う程、きれいなねこがいますよね

私はカメラを買い換えた時に帰り道に真っ先にのらねこを撮りに行きました。

コツをつかめばだれでも簡単に実践できるのでぜひ押さえておきましょう!

 

のらねこをうまく撮るコツ

今回は、写真が趣味な私がのらねこをどう撮るのか実際の写真を使って紹介したいと思います!

先に答えをいうと

コツは1つだけ、ねこの目線を意識することです。

 

理由を2つお話しします。

理由1

のらねこは猫カフェのねこさんと違って、非常に警戒心があります。目線を合わせるとすぐに逃げてしまいます。

こうなります↓

f:id:RuntaScience:20200520103229j:plain

 

そんな中、どうやって動物目線で撮れば良いのでしょうか?

⇒やはり時間をかけるしかないです。

警戒心を解くには、じっと猫を見るのではなく、さりげなく近づきましょう

ねこにも個体差があるので、ものすごく近づいて話しかけたりできる子もいます。

そういったねこさんを見つけるのも良いでしょう。

 

理由2

動物を撮るときは、動物が主役です。

皆さんは日頃、人の写真を撮るときは立って撮りますよね、

こどもを撮るときにはしゃがんで撮りませんか?

猫をとるときも同様に目線を合わせて撮りましょう!かなり苦しい体勢となってしまうのですが、私は寝転んで撮るときもあります(笑

警戒心がない猫は、シャッター音に驚かないためかなり近付いてとれます!

 

 

しかしながら、警戒心が強いねこさんもいます。

そのときは、無理せずに望遠レンズを使い目線を合わせて撮りましょう!

望遠レンズを使うときにはピントに気をつけましょう!

ピントは目に合うようにして撮るのがコツです。

f:id:RuntaScience:20200520103856j:plain

 

 

野良猫のこと

 

f:id:RuntaScience:20200520104232j:plain

木登り猫

のらねこを追いかけているといろいろな出来事に出会います。

けんかや毛繕い、親子の猫などなど...

とても愛らしい子ねこに会えるかもしれません

 

反対に、現代の社会には野良猫の問題がたくさんあります。

人間の身勝手な飼育によって起きた問題で野良猫が増え、そこに住んでいる人に危害を及ぼしているのが現状です。

この記事に載せたねこたちの目は鋭く、その振る舞いにたくましさも見受けられます。彼らは人に何かを訴えているかもしれません。

のらねこたちと共存できるように地域単位で活動が盛んになればと心から願っています。

 

まとめ

のらねこを撮るコツ

⇒目線に気をつける

  • 目線をじっと合わせず、さりげなく近づく
  • 警戒心の個体差を見つける
  • ねこの目線に合わせて撮る
  • ピントはねこの目

 

以上がのらねこをうまく撮るコツでした!

初めのうちは撮る側も非常に恥ずかしいのですが、素晴らしい写真が撮れれば大満足です!!!

 

 

それでは 🌏

 

使用機材

ボディ:NIKON D600、レンズ:TAMRON, SIGMA

www.nikon-image.com

www.tamron.co.jp

 

www.sigma-global.com