RuntaScience diary

気象系データを扱う学生 旅が好きです

Welcome to my blog

About

そうだ鹿児島にいこう[水族館編]ー雨の日でも、一人でも、楽しめる!

f:id:RuntaScience:20200524214740j:plain

こんにちは!
鹿児島のおすすめスポット2/3です!

 

 

今回ご紹介するのは市内のいおワールドかごしま水族館です!

ここではジンベイザメがみることができます!

 

ioworld.jp

どんな魚がいるのかご紹介します!

また、どう撮るのかを紹介します!

 

 

魚たち

ジンベイザメ

f:id:RuntaScience:20200524215600j:plain

いおワールドかごしま水族館には、ジンベイザメがいます!

沖縄の美ら海水族館のイメージがありますよね!

鹿児島でも見れちゃいます。

 

ジンベイザメの水槽はやはり大きい、そして大きい故に動きが速くて撮るのが難しい!!!

あとは、照明が暗いので反射は加工でカバーするしかないですね....

 

イルカ

f:id:RuntaScience:20200524215053j:plain

水族館の外には、イルカの水路があります

そこでは、イルカのトレーニングが見れるんです!

もちろん水族館の中にはイルカのショーステージがあって、そこでのショーも見どころです!

 

写真を撮るには望遠がないと厳しいかな

と言う感じでした。

おそらく望遠が必要なのは、水族館でイルカショーだけなんじゃないかな?

 

クラゲ

f:id:RuntaScience:20200524214927j:plain

他にもたくさん見所がありますが、

写真を撮るには、クラゲです!

いかに幻想的に撮れるかですよね!

 

編集する時に、黒潰れor白飛びしないように

程よい感じに取りましょう

編集で、クラゲを目立たせるようにできるはずです

 

 

撮り方

水族館はとにかく反射がすごいです

撮ってると、照明や自分の姿が反射して写ってしまいます

また、生き物は動的なので手ブレも気になります

どう解決するかお教えします!

 

反射はどうする?

反射に対抗するには、そもそもの反射の対象をなくす

つまり、ガラスに近づくことです!

また、レンズを斜めにすると、その分後ろの光が反射しやすくなるので

なるべく鏡の面に平行にレンズを近づけましょう!

 

 もう少し写ってしまうのは仕方が無いです(笑

f:id:RuntaScience:20200524215004j:plain

 

手ぶれ

水族館は室内で暗いです。

なので、ISOを高くしてできる限りシャッタースピードを落としたいですよね。

その程度は、カメラに依ります。

例えば、フルサイズを持っている人とそうで無い人や、手ぶれ機能がついているボディ&レンズをつけている人など、、、

 

したがって、まずはISOもしくはシャッタースピードを固定して、

それに合わせてどちらかを動かすといいと思います。

水族館の環境にも依りますので、練習あるのみです!!!

 

手ぶれを押さえる最大のコツは、魚と一緒に動くことです!

少し恥ずかしい人は、人が少ない時間に行きましょう(笑

 

まとめ

いおワールドかごしま水族館は個人的に好きな魚が多く、楽しかったです!

 

間近でジンベイザメが見られたり、イルカショーを楽しめるので

是非行ってみてください!

 

水族館で取るときのポイントは

・ガラスに近づく

・レンズはガラスと平行に

・魚と一緒に動く

です!

 

ぜひ実践してみてください!

 

それでは🌏

 

 

runtascience.hatenablog.com