RuntaScience diary

気象系データを扱う学生 旅が好きです

Welcome to my blog

About

どんな生き物でも心拍数は、約20億回なの!?

こんにちは!

今回は私が前から気になっていたことを可視化しました(笑

 

医学生では無いので医療の知識はありませんのでご容赦ください。

 

 

20億回!?

生き物の心拍数は体重に関係しているらしく、

いろいろなサイトを見てみるとだいたい「20億回」という数が見られます。

心拍数と寿命は関係があります | 長寿の秘訣は心拍数!? | 日本ケミファ

心拍数と寿命 | 平成記念病院

 

おもしろいですよね。

けどいまいち20億回ってピン解きませんよね~

下のサイトによると、心拍数が60回だと72.9歳が寿命だそうです

style.nikkei.com

 

ということで、心拍数と寿命の関係を計算してみました。

計算

計算方法は、

生涯の心拍数/{心拍数✕60(分)✕24(時間)✕365(日)}

でしました!

 

生涯の心拍数は「19億~23億回」、

心拍数は「1~200回/分」

で計算をしました。

f:id:RuntaScience:20200612203432p:plain

縦軸は対数軸となっています。

これからわかるように、平均寿命が50歳を超えるのは80回ってところですかね(笑

 

これだと小さくて見えないので、人の心拍数までクローズアップします

f:id:RuntaScience:20200612203444p:plain

生涯23億回と仮定すると結構長生きしますね。

心拍数が70回の人は63年は生きますね。

 

けど思いませんか?運動してたら早死にするの?って。。

 

あくまでもこの心拍数と寿命の関係は目安ですし、なんせ睡眠があります。

6時間睡眠だと1日の1/4、8時間睡眠だと1日の1/3の時間が低心拍数タイムです

きっとそこがバランスをとってくれるでしょう

 

けど緊張のしすぎ、ストレスのためすぎはいけませんね!

 

何事も、メリハリをつけていきましょう!

 

それでは🌏