RuntaScience diary

気象系データを扱う学生 旅が好きです

Welcome to my blog

About

デジタルデトックス ストレスフルなSNSから距離をとろう!

f:id:RuntaScience:20200516131352j:plain

こんにちは!

今日はデジタルデトックスに関して話していきたいと思います。

 

日頃TwitterInstagramなどの人とオンラインで繋がるSNSにおぼれていませんか?

何かあってもはけ口はSNSで、良いことがあってもSNSで、良い写真が撮れたらSNS

なんて生活を続けている人は案外多いかもしれません。

 

実際私もそんな時期がありました。

しかし、デジタルデトックスを通して自分を見つめ直したり、

対人で仲の良い人や家族と話したりすることがストレスを和らげてくれると思います!

 

デジタルデトックス

デジタルデトックスとは?

デジタルデトックスとは、一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカスする取り組みです。

出典:https://digitaldetox.jp/digitaldetox/

とのことです 。

 

実際仕事や大学でパソコンやスマートフォンを使うことがあると思います。

したがって、平日の日中はなかなかそんな時間はとれません。

ですから、ぜひ寝る前の2時間だけでもデジタルデバイスを見るのは避けましょう。

スマホからのブルーライトによって睡眠の質が悪くなるといわれているのもそうですが、やはり”何も考えずについついSNSを眺めてしまう時間”がもったいないですし、ストレスにもなり得ます。

 

毎日それが習慣になっているとスマホを触らない方がむずむずして寝られないかもしれません。。。

しかし、その週間を少しでも続けるとそれが達成できるようになってきます!

厳しい方は、徐々に時間を延ばしていくと良いかもしれませんね。

 

何をするのか

読書

デジタルデトックスをしてしまったら、することがなくなってしまう!

という方は、ぜひ本を読んでみてください。

おそらく高校生ぐらいから読書の習慣が無くなり、活字に弱くなっている大学生がいるのではないかと思います。

私は小説が苦手なので、科学、経済、世界の文化や宗教、哲学などの本を読んでいます。

 

大学で専攻していない分野の本を読むのは、なんだかなあ。と思う人もイルカと思いますが、入門書や有名な人が書いているベストセラーの本は非常に勉強になり、多角的な視野をもった人になると思っています。

また、自分のいまを考えるために、啓蒙書などを読むのもよいですね

 

 

 

人と話す

これは個人的にはとても大切だと思います。

日中人と話しすぎて、夜は一人になりたいという方はそれでも良いと思います。

しかし、そうでも無い人は家族と話す時間があると良いですね。

一人暮らしの方は正直デジタルデトックスとは言えないですが、電話でも良いと思います。

 

人と会話するとそのとき一人で悩んでいたことも案外楽になることだってあります。

また、誰かと一緒に笑うこともストレスを和らげてくれると思います

 

運動する

 デジタルデトックス中の運動は激しめのランニングやサイクリング、筋トレと穏やかめのヨガなどがあります。

 

正直どちらでも適度なら良いと思います。自分に合った内容をストレス無くこなす程度です。せっかく心を落ち着かせるためにしているのに、このメニューこなせなかったと悲観的になるのは良くないです。

 

誰かと一緒に汗を流したり、リラックスしたりするのも良いですね。

 モチベーションを上げたい人は↓

youtu.be

 

まとめ

デジタルデトックスとは「一定時間デジタルデバイスと距離を置くこと」

大切なのは、ストレス無くその時間をすごすこと

読書や運動、会話などでQOLを上げましょう!

 

 

それでは🌏