RuntaScience diary

気象系データを扱う学生 旅が好きです

Welcome to my blog

About

言語と概念ーエスペラント語

 

エスペラント語

エスペラント語をご存知でしょうか

 

エスペラント語とはポーランドの眼科医であるラザロ・ルドヴィコ・ザメンホフによって1887年に創案されました。

世界共通語として創案されたものです

 

エスペラント語の自己紹介など見てみました。

世界共通語とのことですが、単語はヨーロッパをベースに作っているように感じられました。

したがって、ヨーロッパ圏の人が学びやすいと感じられます。学んでる人もヨーロッパの方が多そうです。

 

言語と概念

ネイティブの言語が一つの人は、例外を除いてあらゆる感情をネイティブの単語の組み合わせで表現できると思います。(例外:具体的に表現できない感情など)

他言語を学ぶ時は母国語と結びつけることによって学ぶことが多いです(例えば、日本語:りんご→英語:Apple)。そもそも辞書が「母国語⇆他言語」の場合が多いので仕方ないことです。

しかしながら、必ずしも全ての概念が一対一で対応しているとは限りません。例えば日本語にしかない単語「もったいない」などです。なぜ日本にしかないかというとそれは「文化的なもの」であるからと思われます。

 

頭の中で思い浮かぶ概念を他言語で正確に伝えられているのかが不安な時があります

敬語は日本では重要な概念です。しかしながら、相手への尊敬の念を英語で伝えられるかと言われたらなかなか難しいです。

 

さらに言語と感情は、

言葉を発し、相手からのリアクションを「経験」することによって繋がるものである

と思います。